U-NEXT31日間の無料トライアルでもらえる600ポイントを使って
>映画「いつのまにか、ここにいる」がU-NEXTで無料で見れる!!<

通常バナー

今年も年末に差し掛かり、正月休み前の忙しい日々を送っている方々も多いのではないでしょうか?
乃木坂も、年末はいつも多くの音楽番組に出演しますが、その中でも気になるのが大晦日の紅白歌合戦!今年も乃木坂の出演が決定しています。

そんな「第70回 NHK紅白歌合戦」ですが、2019年12月20日に、今年の乃木坂の歌唱曲が「シンクロニシティ」であることが発表されました!今年の紅白を万全の体制で楽しむために、昨年までの紅白での乃木坂の活躍を含め、まとめてみました!

乃木坂の紅白出場の軌跡

出典:https://nogi.hatenadiary.jp/entry/2019/11/17/112519

乃木坂は、結成から4年目の2014年、初の紅白出場内定が一部メディアから報道されていましたが、その後スキャンダルなどの影響により、まさかの落選・・・。ファンもメンバーも、無念の思いで迎えた年末でしたが、翌年、2015年には念願の紅白出場を決めました!

そこからは4年連続の出場を果たしています。そういった経緯もあり、一期生を中心に、紅白に思い入れの強いメンバーが多いようですね。今年も、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれること間違いなしですね!

乃木坂の紅白歴代歌唱曲は?

今年、2019年の歌唱曲は「シンクロニシティ」ですが、これまでの紅白での披露曲を、簡単に以下にまとめてみました!これまでに披露した楽曲を知ることで、今年の紅白がより楽しめるかもしれませんよ!

2015年「君の名は希望」

2014年に無念の紅白出場落選から1年後、悲願の紅白初出場となった2015年には、5thシングル「君の名は希望」が披露されました。
センターは初期に5作連続センターを務め、昨年、乃木坂を卒業した生駒里奈さん。初期の乃木坂の清楚なイメージが凝縮された曲で、堂々としたパフォーマンスを披露しました。

2016年「サヨナラの意味」

紅白出場2年目となった2016年には、当時卒業を発表していた橋本奈々未さんの最初で最後のセンター曲となった16thシングル「サヨナラの意味」を披露しました。

当時、橋本さんは松村沙友理さんと白石麻衣さんと並び、「乃木坂御三家」と呼ばれ、ファンの中で絶大な人気を誇っていました。
当時の乃木坂を牽引するメンバーの一人だった橋本さんの芸能界引退は衝撃的で、唯一無二の存在感を放っていた彼女が有終の美のセンターを飾った紅白は忘れられませんよね。

2017年「インフルエンサー」

紅白出場3年目となった2017年は、17thシングル「インフルエンサー」を披露。この年辺りから、現在の乃木坂の雰囲気に近づいてくる感じがしますね。
乃木坂のエース、西野七瀬さんと白石麻衣さんのダブルセンターで、これまでで最高難易度となるダンスを披露しました。この年、乃木坂は同曲で日本レコード大賞も受賞し、飛躍の年にもなりましたね。
また、紅白本番では公式お兄ちゃん「バナナマン」の日村さん扮する「ヒム子」が友情出演し、話題になりました。
今までの乃木坂に比べてかっこいい印象の曲で、乃木坂の新たな一面を開拓しました。

2018年「帰り道は遠回りしたくなる」

そして、4年目となる昨年、2018年には、22thシングル「帰り道は遠回りしたくなる」を披露しました。2018年は、生駒さんや若月さんなどの一期生を中心に卒業ラッシュの年となりました。その中でも特に多くのファンが悲しんだのは、西野七瀬さんの卒業でした。乃木坂の儚いイメージを作り上げたと言っても過言ではない西野さんの卒業センター曲である「帰り道は遠回りしたくなる」。2016年の橋本さんから続き、別れの曲での紅白出場となりました。

2019紅白の歌唱曲は「シンクロニシティ」に決定!見どころは?

https://plaza.rakuten.co.jp/ruzerukabu/diary/201804300032/

そして、2019年12月31日、2010年代最後の紅白で披露するのは昨年発表された20thシングル「シンクロニシティ」!
白石麻衣さんがセンターを務めるこの楽曲は、2018年、2年連続となる日本レコード大賞受賞を果たしたシングルということで、お茶の間の認知度も高い楽曲ですよね。

ネット上では、2018年に発表されたこの曲の選抜には卒業メンバーが複数含まれていることから、彼女たちの代わりにポジションに入るメンバーを予想しているファンも多くいます。初参加となる4期生は、選抜ポジションに入るのでしょうか?
今年の紅白はそこも見どころの一つと言えるでしょう!

何故、2019年の紅白歌唱曲は「Sing Out!」じゃないの?その理由は?

出典:https://www.facefrog.net/entry/SingOut!

そんな中、ファンの間で話題となっているのは、何故、今年の紅白で披露する楽曲が2018年に発表された「シンクロニシティ」なのかということ・・・。

ファンの間では、今年リリースされた「Sing Out!」が、紅白の歌唱曲として、有力視されていました。

初出場となった2015年を除き、毎年、その年にリリースされたシングルの中から歌唱曲が決定していました。今年はその慣習から外れたことで驚いた方も多いのではないでしょうか。

そんな疑問に答える有力な説が、「シンクロニシティ」でセンターを務めている白石麻衣さんの卒業が近いのではないかという説です。今までに、センターを4回務め、乃木坂の顔とも言われている白石さんですが、一期生である彼女は、既に活動期間も9年目に突入!いつ卒業してもおかしくありません。

しかし、「シンクロニシティ」は昨年のレコード大賞を受賞しており、お茶の間の認知度が高い楽曲ですし、ファンの間でも「神曲」の呼び声が高い楽曲ということからこの楽曲を選んだだけかもしれません。あまり心配し過ぎないようにしましょう!

出典:https://news.dwango.jp/idol/28081-1804

卒業に関しては、本人が明言しない限り、タイミングを読むのが難しいのが、歯がゆいところですよね。来年になって後悔しないように、今年もリアルタイムで紅白のパフォーマンスを楽しみましょう!

まとめ

今日は、乃木坂の紅白出場の歴史と、今年の見どころについて、まとめてみました。
これまでに積み上げてきた歴史を感じながら、紅白の乃木坂を見れば、その感動も倍増するに違いありません!今年ヒットした「Sing Out!」を紅白で見られず、がっかりしているファンの方も居るかもしれませんが、2019年、もしかしたら白石さんの紅白集大成となるかもしれません。そのパフォーマンスを、しっかりと目に焼き付けましょう!