乃木坂46のドキュメンタリー映画が7月5日から上映されることを記念し、6月25日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで完成披露上映会が行われました。

この上映会には高山一実さん、齋藤飛鳥さん、秋元真夏さん、梅澤美波さん、与田祐希さん、監督の岩下力さんが登壇しました。

前作の『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』との違いを聞かれた齋藤飛鳥さんは「前作はメンバー1人ひとりにフォーカスしていたけど今回はグループ全体の良さが濃く表れた作品になった」と作品の良さをアピールしていました。また、「本音を言ってもいいんだよ」と高山さんに優しく言われた齋藤さんは「メンバーのことちゃんと好きだなと思いました」と照れながらもメンバーに対する愛を告白する場面も見られました。

 梅澤さんは乃木坂に入る前に前作を観ていたらしく、「グループの一員としてスクリーンに映っているのが不思議で人生何があるか分からない」と3期生ならではのコメントを残し、同じく3期生の与田さんは「いつのまにかここ(乃木坂46)にいて、グループを大好きになれて幸せ」と嬉しさが溢れていました。

 齋藤さんは最後に「西野もちゃんと出てるので、去ってしまった西野七瀬ファンの皆様にも観てもらいたいです」と伝えました。

公開まで1週間ですが公開まで待ち遠しいですね。また舞台挨拶があるとのことなので公式HPをこまめにチェックしておきましょう!