23枚目シングル『Sing Out!』で、活動休止後初となる選抜復帰を果たした久保史緒里さん。3期生は2016年9月に乃木坂に加入しましたが、去年から3期生が選抜に入るケースも増え、まだ選抜には1期生が多いものの、確実に乃木坂の核となり始めていますね!

17歳とまだまだ若い久保史緒里さんの活動休止の理由を体形の変化とともに迫ります!!




■プロフィール

引用元;乃木坂公式ツイッター

出身地:宮城県
生年月日:2001年7月14日
年齢:17歳
血液型:O型
身長:159cm
特技:
サイリウムカラー:水色、黄色
選抜回数:2回

久保さんは宮城県出身のメンバーですが、地元の銘菓として有名な「萩の月」とコラボしたり、地元のことも愛しているメンバーですね!

■久保史緒里の活動休止の理由は?

加入当初から、3期生の中でも人気のあるメンバーの一人であった久保さんですが、2018年6月30日に公式から活動休止のアナウンスがされます。

具体的には「21枚目シングルの活動、6th YEAR BIRTHDAY LIVE、真夏の全国ツアー2018をお休みする」というものでした。ファンの方は、当時衝撃を受けたのではないでしょうか。当時活動休止の理由についてファンの間で噂されたのが、「久保史緒里さんが太ったことを気にしたせいではないか」ということでした。

久保さんは加入当時、とても痩せていました。

出典:https://www.pinterest.jp/pin/631348441485710733/

しかし、活動休止前にはファンから「久保ちゃん太った?」という声が上がるくらい、加入当初よりふっくらした印象が強くなりました。

出典:http://nilcollection.net/reason-why-shiori-kubo-got-fat/

こうして見比べると加入当初の画像はとても痩せていますが、加入したばかりの頃は、番組などに出演している久保さんを見てファンからは逆に「痩せすぎではないか?」という声が上がっていました。その当時の写真がこちらです。

出典:https://www.pinterest.jp/pin/762375043145750718/

腕などが骨ばっていますし、あまり筋肉がないように見えますよね。

確かに当時から比べると、活動休止前は太っていますが、アイドルとしてハードなスケジュールをこなすには、あまりにも痩せすぎという印象を受けました。

しかしながら、その後太ったことでファンからは握手会などで直接「太った?」などと聞かれることもあったようで、それがストレスとなってしまい、体調を崩して活動休止に至ったという噂もあるようです。

久保さんは、乃木坂のオーディションに向けて体重を頑張って落としていたようですので、加入後に、ハードに活動をこなす中で、体力的にもキープするのが難しくなったのではないでしょうか?




■活動休止から痩せて活動復帰!

その後、休止期間を経て、乃木坂の活動に復帰するようになり、復帰後はファンの間で活動休止前より痩せて可愛くなったと話題になりました!

出典:http://nogizaka46tiyo.com/archives/kubo-fukkatsu/

加入当初の不健康な痩せ方ではなく、程よいスタイルになって復帰しました!本人もきっと悩んでいたんでしょうね。

女性は太りやすい体質の方もいると言いますし、特に中・高校生の年頃の女性は体重の変動が激しいと聞きます。今後はファンの方はあまり本人に伝えたりしないようにした方が良いでしょう!アイドルは人に見られる職業ですし、気にしているメンバーも多いのではないでしょうか?

それでも太ってしまうというのは、体質やストレスなど色々な原因があると思われます。今後も無理のない形で体型をキープして行って欲しいですね!

■そして、選抜復帰!

そして、23枚目シングル『Sing Out!』で、遂に選抜復帰を果たします!選抜に入るのは20枚目シングルの『シンクロニシティ』以来となりました。

久保さんファンの方も選抜に復帰するのを望んでいたのではないでしょうか!久保史緒里さんは、歌の上手いメンバーとしてネット上でも多くのファンがその歌唱力を絶賛しています。今回はミドルテンポの曲で歌が目立つ構成となっているので、今後『Sing Out!』でもライブなどでその歌唱力を披露してくれるのではないでしょうか。

これから23枚目のシングル期間がスタートし始めますが、その能力を生かして、沢山のファンを魅了して欲しいですね!

■まとめ

今回は久保史緒里さんの活動休止から選抜復帰までをまとめてみました!

自身のコンディションに悩まされて活動を休止してしまった久保さんですが、今回選抜に復帰したことで、今後は積極的に乃木坂で活動する姿を見られるのではないでしょうか!