写真集が爆発的に売れ、テレビなどのメディアで見ない日は無いと言っても過言ではない大人気グループ乃木坂46。乃木坂が好きなら誰でも1度はライブに行きたいなと思ったのではないでしょうか?

でもチケットってどう取るのかなあ、とか初めてだからいろいろわからないなあとか不安があってなかなか行こうと決心できない人も多いと思います。

そんなみなさんのために、今回はチケットの取り方とライブってどんな感じ?というのを簡単に説明します。




乃木坂46ライブの種類

乃木坂46のライブの種類は主に5種類です。

1、バースデーライブ

通称『バスラ』です。
乃木坂46の誕生日をお祝いするようなコンサートです。ちなみに乃木坂46の誕生日は「ぐるぐるカーテン」の発売日の2012年2月22日とされています。
バスラは毎年2月22日に行われています。(例外で2018年の公演は7月6~8日の3日間開催でした。)
過去の発表曲を全部歌うので、ライブが長時間楽しめます。
会場は大きめで幕張メッセ、西武ドームなどで行われています。
チケット代は8800~9800円です。

2、真夏の全国ツアー

通称『全ツ』です。
主に2日間ずつ東京、仙台、名古屋、大阪、広島、福岡などの大都市で行われます。
2016年の名古屋公演に実際に僕も観覧に行ったのですが、席はあまり良くなかったものの、コールなどをしてファンとの一体感を感じられたり、実際に生でメンバーを見られたりと大興奮の内容でした。その時は各公演によってメンバーと恋愛疑似体験みたいなコーナーがあり、白石麻衣さんが浴衣で出てきてくれたのが印象深いです。
こういったテレビなどでは味わえない貴重な体験があるのでライブ会場に足を運ぶことは有益だと思います。

2019年もライブ日程が発表されていますね。
詳細は未定ということですが7月から9月にかけてナゴヤドーム、福岡ヤフオクドーム、京セラドーム大阪、明治神宮球場(東京)で行われます。
細かい日程は 乃木坂公式HP をご覧ください。
チケット代は2018年は8800円でした。

3、Merry X’mas Show

通称『クリライ』です。
メンバーもファンもクリスマスムード一色で、ファンも勝手にサンタのコスプレをして参加したりします。
過去の開催時期と会場は12月で有明コロシアムでした。
その時のチケット代は7800円でした。

4、アンダーライブ

通称『アンダラ』です。
アンダラは惜しくも選抜メンバー入りできなかった子たちの活躍の場として設けられています。出演はアンダーメンバーのみですが、それぞれのメンバーにファンがおり、チケットは激戦必至です。

2018年はチケット代は7800円でした。

その他にもイベントやフェスなどにゲスト出演することもあります。

5、全握ミニライブ

全握というのは全国握手会の略で主に初回限定版のCDの特典です。
全握の会場ではミニライブが行われており(例外あり)ライブ時間は1時間ほどと短いです。

他のライブチケットと違い初回限定版のCDに付いてくる全国握手券で参加できます
メンバーと握手できることもあり、混雑は相当です。
シングルCDの発売時期に行われます。
場所は幕張メッセ、京都パルスプラザ、ポートメッセなごやなど展示場として使われるような大きな会場です。
CD代のみで参加できるので他のライブと比べて安く見ることができます。




乃木坂46のライブチケットを取る方法・良い席をとるには!?

ライブチケットの取り方は「抽選」と「先着」に分かれます。

抽選

抽選には「モバイル会員先行」、「提携カード会員先行(2018年はマネパカード)」、「楽天先行」があります。
抽選制は抽選の受付期間中に申し込みをして、後日抽選結果がメールで来るという形で行われています。
受付期間は1週間程度です。モバイル会員先行と提携カード会員先行が最もチケットを取れる可能性が高いです。
モバイル会員は会員になるために月額324円かかります。またモバイル先行は多くの場合一次先行、二次先行、三次先行と3回チャンスがあります。
楽天先行は2つの会員先行が終わった後に行われます。こちらは無料の楽天会員になっている方が応募できるものとなっています。

先着

先着は一般発売で行われる方法です。
こちらは獲得の難易度が高いです。販売開始時間にネット回線もしくは電話回線で待機して購入する形になります。
時間になると途端にアクセスオーバーになり繋がらなくなるので取れないことの方が多いです。
楽天チケットとチケットぴあで販売が行われます。

さて、チケットの取り方を2種類説明しましたが、どちらが良席になるでしょう?
だいたい予想はつきますよね?
そうです!「モバイル先行と提携カード先行」です。やはり会員優遇なんですね。

ライブ当日の流れ・必要なもの

当日の服装

普段着でもOKです。実際行ったときにも普段着の人がチラホラ見られました。ですが、大半の人はグッズのTシャツを着ていましたよ。

持ち物

まず、絶対に必要なものは

  • ライブのチケット
  • 顔写真付きの身分証明書(免許証、パスポートなど)
  • お金

です。最近はチケットの転売対策で本人確認が厳しいので身分証明書を忘れると入場できないことがほとんどです。

次にあると良いものは

  • ペンライト
  • タオル
  • スタジアムなどの外部会場なら雨具(カッパ、ポンチョ)、
  • ドリンク

ペンライト、タオル、Tシャツは物販で買うことができますし、比較的売り切れも少ないので当日購入する感じでも大丈夫です。
ペンライト代を安く抑えたいなら事前にドンキやAmazonで購入しておくのもありです。曲やメンバーによって色を変えるので10色くらい変えられるものが良いですよ。ペンライトは用意するのであれば2本あると良いです。

開場時間と開演時間がありますが、開場時間は実際にお客さんが入り始める時間で、開演時間はコンサートが始まる時間です。基本的には開場時間には会場に到着していることをおすすめします。もしも、グッズを購入したい場合は開場時間の1~2時間前には到着して購入すると良いです。大量にグッズを購入する予定がある場合は、グッズを入れる袋を持参する必要があります。

ライブ中はコールやペンライトなどファンからの演出があります。
全力で楽しみたいのであれば、事前に調べておくと良いです。ですが、間違った行動をしても浮いてしまうので、わからない場合は静かに見るというのもありです。

ライブ後は混雑緩和のため規制退場となることが多いです。規制退場になると座席番号ごとに退場時間をずらしていくので終電や帰りの時間がヤバい人はアンコール中に抜けるというのもありです。ですが、最後まで楽しみたい方の方が多いと思うので、余裕をもって宿泊することをおすすめします。

まとめ

今や爆発的な人気のグループ乃木坂46のチケットはどの公演もレアチケットとなっていますね。良席を取りたいのであれば、というよりむしろ、チケットを取りたいのであれば、モバイル会員になることと提携カードを持つことは必須になるのではないでしょうか?これを参考にぜひチケット争奪戦に挑んで勝ち取りましょう!!